コスパ最強のビデオカメラ「SONY HDR-CX680」のおすすめセット紹介

レビュー

 

今回はビデオカメラ「SONY HDR-CX680」を買った際の必須セットを紹介。

エントリーモデルとして最高のコスパを発揮するこの機種の付属品を見ていきます。

スポンサーリンク

HDR-CX680

 

「初めてビデオカメラを買う人」

「4Kは要らないから綺麗に撮りたい人」

 

には価格帯含めて最高にオススメできる。

なお、詳しいビデオカメラのレビューは他のサイトに任せます。

 

 

中華や安いビデオカメラを買っても安物買いの銭失いになるので、そうなりたくない人にはとてもオススメできます。

もっと金がある人はハイエンドのビデオカメラを選んでください。

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 46mm

 

レンズ保護フィルターです。必須です。

特に屋外で撮影していると、必ず砂埃や取り扱い事による傷の問題があります。

 

レンズは一度ダメージを受けてしまうとどうしようもありません。

必ず保護フィルターをしましょう。

 

ちなみに安物のビデオカメラだと保護フィルターを付けられないものもあるそう。

「HDR-CX680」は取り付けられるので安心です。

HAKUBA レンズキャップ レンズプロテクトキャップ 46mm 脱落防止フック付 KA-LCP46

 

見ての通りレンズキャップです。

保護フィルターを付けたのならレンズキャップは必須です。

持ち運びの際にレンズに傷が付くことが多いです。しっかりとキャップをしましょう。

HAKUBA ムービーケース ビデオカメラ用 プラスシェル QA01 M ブラック SP-QA01MCMBK

持ち運び用のケースです。

ちなみに、「HDR-CX680」のバッテリーを「大容量バッテリー」に交換してもギリギリ入るサイズとなっています。オススメです。

指紋が目立たない 反射防止液晶保護フィルム OverLay Plus OLHDRCX680/12

 

「HDR-CX680」の液晶ディスプレイを保護するフィルムです。

基本的にないよりあった方がいいでしょう。

タッチ式のディスプレイはベタベタ触ってると想像以上に汚れます。

 

何でもいいと思いますが自分は指紋が目立たないこれを選びました。

まとめ

ビデオカメラを買う際は必須のセットをチェックし、同時に購入するのがいいですね。

コメント