「アースノーマット」と「どこでもベープ未来」どっちを買うか問題

レビュー

家に蚊が発生するようになったので殺虫剤を買うことに。

最近の蚊退治のトレンドは「アースノーマット(コード式)」と「どこでもベープ未来(電池式)」の2つがトレンドらしい。

ドラッグストアでどっちにしようか悩んだ結果のメモです。

スポンサーリンク

電池式 or コード式

一目瞭然ですが、電池式のほうが邪魔なコードがない分スッキリします。

が、実用性を考えるとどうでしょう?

  • 電池が切れて使いたい時に使えない

というのが家の蚊退治では一番最悪です。

 

家に空きのコンセントがない。またはレイアウト的にコードを出したくない。

以外の要望がなければコード式が個人的に何も気にしなくていいので便利だと思います。

カートリッジはどちらの場合でも交換は必須ですが、ここで電池の事も気にするのはちょっと煩わしい。

カートリッジタイプ

「どこでもベープ未来」はカートリッジがリキッドタイプではありません。

なので、カートリッジ残量が把握しづらいという最大の欠点があります。
これはAmazonのレビューでも指摘されてます。

リキッドタイプでは残量がひと目みて分かるので、交換のタイミングもある程度読むことが出来ます。

こういったタイプの殺虫剤は

 

  • 適当なタイミングで付けて、そのままつけっぱなし → 気がついたら消す

 

みたいな事が多いので、単純な日数でカートリッジ寿命を図るのが難しいです。

なので、個人的にこれもリキッドタイプが望ましいと思います。

成分

  • メトフルトリン(ピレスロイド系)

これは共通。

どれ使っても同じっぽいです。

対応畳数

若干、アースノーマットの方が広めに効くようです。電源の差(電池 or AC)の差でしょうか?

アースノーマットの畳数

  • 4.5畳〜12畳

どこでもベープ未来の畳数

  • 4.5畳〜12畳

というわけでアースノーマットを買った。

散々悩んだ挙げ句、自分はアースノーマットを買いました。

置き場所も特に気にしないので、自分にはこれがベストです。

 

 

値段も安い。30日カートリッジ付属タイプだったので値段は最安でした。

まとめ

個人的に

「電池の交換」「カートリッジの交換タイミング」

がネックとなり、コード式のアースノーマットを買いました。

 

上記が気にならない人はコードレスタイプもいいかと思います。
自分のライフスタイルに合わせて買いましょう。

コメント