虫さされ薬「ムヒ」で一番効くのってどれだ?の結論が出ました

レビュー

毎年蚊にさされてから虫刺され用の塗り薬を買い始めます。

悩みながらとりあえず、ドラッグストアにある「ムヒ」を適当に買います。

 

でもやっぱり、一番効く虫刺され薬がほしい!

ということで調べました。

スポンサーリンク

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)

結論から言うと、とにかく効果を実感するのは

 

「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」

 

が配合されたものです。

これはいわゆる「ステロイド外用薬」というもの。

ステロイド外用薬の薬効の強さは、どのように分類されているの? │ 皮膚Q&A一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア
ひふ研が提供する、Q「ステロイド外用薬の薬効の強さは、どのように分類されているの?」のQ&Aページです。ひふ研は、第一三共ヘルスケアが提供する、皮膚症状、皮膚薬の使い方の疑問に答える情報サイトです。

何故効くか?

「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」は患部の炎症を鎮めます。

つまり、蚊やブヨなどに刺されて赤く腫れた部位の炎症をまず抑えることが出来ます。

かゆみ止めだけの薬では炎症は治まりません。

ステロイド剤で炎症を鎮めることが体感では一番効果を実感すると思います。

ウナコーワの話

ちなみに「ムヒ」と同じく有名な「ウナコーワ」シリーズには

「リドカイン塩酸塩」

という麻酔薬が入っているのが特徴です。

 

麻酔薬入りを使うのは是非が分かれます。

痒み痛みを抑えるという意味で有用という意見や、麻酔薬を頻繁に使うのは危険だという意見も。

ムヒシリーズを比較

ムヒシリーズの主要製品の成分を比較してみます。

下記製品情報から引用
https://www.ikedamohando.co.jp/products/insect_bite/index.html

ムヒS

ジフェンヒドラミン1.0gかゆみをおさえます。
グリチルレチン酸0.3g生薬カンゾウ由来の成分で、炎症をおさえます。
ℓ-メントール5.0g清涼感を与え、かゆみをしずめます。
dl-カンフル1.0g清涼感を与え、かゆみをしずめます。
イソプロピルメチルフェノール0.1g殺菌作用があります。

唯一、ステロイド外用薬が入っていないのが「ムヒS」

また、ジフェンヒドラミンの量はムヒシリーズ最低の量

液体ムヒS2a

デキサメタゾン酢酸エステル25mgかゆみ、はれ・赤みのもとになる炎症をおさえるステロイド成分です。
ジフェンヒドラミン塩酸塩2.0gかゆみをおさえます。
ℓ-メントール3.5g清涼感を与え、かゆみをしずめます。
dl-カンフル1.0g清涼感を与え、かゆみをしずめます。
グリチルレチン酸0.2g生薬由来成分で、かぶれなどの炎症をしずめます。
イソプロピルメチルフェノール0.1g殺菌作用があります。

ムヒアルファSⅡ

ジフェンヒドラミン塩酸塩2.0gかゆみ原因物質のはたらきをブロックします。
デキサメタゾン酢酸エステル25mgかゆみ、はれ・赤みの原因である炎症の元に作用するステロイド性抗炎症成分です。
ℓ-メントール3.5g清涼感を与え、かゆみ感覚をしずめます。
dl-カンフル1.0g清涼感を与え、かゆみ感覚をしずめます。
クロタミトン5.0gかゆみをしずめます。
グリチルレチン酸0.2g生薬由来成分で、かぶれなどの炎症をしずめます。
イソプロピルメチルフェノール0.1g殺菌作用があります。

「ムヒS」から変わったのは「デキサメタゾン酢酸エステル」というステロイド外用薬が追加された所か。

液体ムヒアルファEX

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)0.15gアンテドラッグ型抗炎症成分で、はれ・赤みをしっかりおさえます。
ジフェンヒドラミン塩酸塩1.0gかゆみ原因物質(ヒスタミン)のはたらきをブロックし、かゆみの元をおさえます。
ℓ-メントール3.5g清涼感を与え、かゆみをすばやくしずめます。
dl-カンフル1.0g清涼感を与え、かゆみをすばやくしずめます。
イソプロピルメチルフェノール0.1g殺菌作用があります。

ムヒアルファEX

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)0.15gアンテドラッグ型抗炎症成分で、はれ・赤みをしっかりおさえます。
ジフェンヒドラミン塩酸塩1.0gかゆみ原因物質(ヒスタミン)のはたらきをブロックし、かゆみの元をおさえます。
ℓ-メントール3.5g清涼感を与え、かゆみ感覚をすばやくしずめます。
dl-カンフル1.0g清涼感を与え、かゆみ感覚をすばやくしずめます。
クロタミトン5.0gかゆみをしずめます。
イソプロピルメチルフェノール0.1g殺菌作用があります。

「ムヒアルファEX」シリーズで「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」が登場。

「ジフェンヒドラミン塩酸塩」の量は「ムヒアルファ」シリーズより半減

どれが一番いい?

以上が100g中の主要商品の成分表です。

 

残念ながら一番ダメなのは「ムヒS」です。成分的にも一番弱い。

 

次に「ムヒアルファ」シリーズ。

ムヒアルファで使われている「デキサメタゾン酢酸エステル」はステロイド剤です。

しかし、「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」よりは弱い成分になります。

 

そして、一番虫さされに効く薬は「ムヒアルファEX」シリーズ

「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」が0.15g、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が1.0gです。

ムヒシリーズではトップレベルの成分を配合しています。

ステロイド外用薬の強さの違いが実感できる効果の違いに現れると思います。

塗り薬と液体で成分が違う?

よく見てみると、ムヒシリーズでは塗り薬と液体で成分が違います。

何故か塗り薬タイプには

 

「クロタミトン」「イソプロピルメチルフェノール」

 

という液体タイプにはない薬が配合されています。

かゆみを鎮める薬と殺菌作用のある薬です。

あまり知られていないと思うのですが、何故でしょうか?

 

これを鑑みるに、効果的には

 

塗り薬>液体

 

となるというのが本当のところでしょう。

また、液体より塗り薬の方が性質上患部に薬が残りやすく、より有効であると思われます。

まとめ

ムヒで一番虫さされに効く薬は

 

「ムヒアルファEX」シリーズ

 

でした。

また、塗り薬と液体タイプでは塗り薬の方が有効成分が多く配合されています。

しかし、単純に手が汚れる等のデメリットもあるので、ここは各自で使いやすいタイプを選びましょう。

 

コメント