レボルタイガーハイパーウィップ ワンサイドダブルが最高に振り抜きやすいバットだった

レビュー

レボルタイガーのハイパーウィップワンサイドダブルという軟式用バットを購入。

これが中々振りやすいバットです。特に美津和タイガーのバットの中では一番振りやすいと思いました。

スポンサーリンク

レボルタイガー ハイパーウィップワンサイドダブルのスペック

今回購入したのは「85cm/720g」

シリーズ展開は

  • 83cm/680g
  • 84cm/700g
  • 85cm/720g

とあり、最も重量があるバットです。

 Jグリップ

これはもうおなじみのJグリップ

 

横から見るとこんな感じ。

 

個人的にはタイカップより振りやすい。

ハイパーウィップ

ヘッド部分が斜めになっているのを「ハイパーウィップ」と呼ぶらしい。

 

 

理屈的にはこれでヘッドスピードが上がる。

 

打球面が二重で厚い

Jグリップ搭載で打球面が一定なため、打球が当たる部分はカーボンが分厚くなっている。

 

ワンサイドダブルが振りやすい理由

他のレボルタイガーのバットを振った印象は

  • 正直振り抜きはイマイチといった感じ。

これはレボルタイガーイオタもレボルタイガーダブルレイヤーも同じだった。

上記はどちらもトップバランスだが、どうもしっくりこない。

セミトップバランスがいい感じ

さて、このバットはというと「セミトップバランス」を採用している。

これがバッチリ振りやすい。

 

「Jグリップ+ハイパーウィップ+セミトップ」

という組み合わせが今までにないぐらいハマっている。

ギガキング以外の選択肢としてピッタリ

 

飛距離の点でいうと、個人的にやはりギガキング02が現状だとやはり一番飛ぶ。

しかし

「Jグリップ+ハイパーウィップ+セミトップ」

の効果でスイングスピードとヘッドの効きやすさは増す。

ボールを芯で捉えやすいので初速も速い。

 

長さと重量のバランス、そして振りやすさとカーボンバット特有の打感。

個人的に美津和タイガーで一番のバットではないかな、と思う。


コメント