痛風発作が現在進行系で起きている「今」飲む薬とは

雑記

痛風発作がまさに起きてしまった「今」飲む薬とは

スポンサーリンク

とりあえずナイキサン錠100mg

ナイキサン錠100mgを6錠摂取する。
一般名は「ナプロキセン錠」と言うらしい。
「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」に分類される。

ちなみにレバミピド錠は胃粘膜を抑える薬。

この痛み止めの薬に関しての説明はこのHPが参考になった。
http://www.fujimoto.or.jp/tip-medicine/lecture-115/index.php

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、急性炎症である痛風関節炎治療薬の中心的薬剤です。痛風発作の極期には、短期間だけ比較的大量に投与することが原則となっています(NSAIDsパルス療法)。軽快すれば中止します。

痛風発作時にナイキサン錠を大量投与するやり方は「NSAIDsパルス療法」と呼ばれているらしい。

今回の処方も1回で6錠飲むのはこの1回限りだけでした。

NSAIDsパルス療法後

「NSAIDsパルス療法後」が朝・昼・夕にそれぞれ2錠ずつ飲む処方に変更になる。

痛み止めをちゃんと飲めば収まる

「NSAIDsパルス療法」を行った後、毎食後に痛み止めを投与すると次第に痛風発作は収まる。

むしろ、痛風発作を収めるにはとりあえず痛み止めしかない。

大抵3日ぐらいでだいぶ収まる。1週間経てば全回復する。

 

痛風発作になってからは痛み止め。
そもそも痛風発作が起きないような生活にするために、尿酸値を下げる薬を飲んでいくことになった。

 

つづく

コメント