扁桃炎になったので「銀座まいにちクリニック」に薬をもらいにいった

雑記

またまた扁桃炎になって高熱が出るわ喉は痛いわの状態になったので病院へ。

祝日でもやっていた「銀座まいにちクリニック」へ

スポンサーリンク

銀座まいにちクリニックで扁桃炎を見る

基本的に診察メインというより薬を貰いに行く用途で行ったほうがよさそうでした。

診察は喉の状態を見て、扁桃炎はよくかかるか?みたいな問診をして終了。
特に溶連菌の検査とかもしなかった。

トラネキサム酸カプセル 250mg

扁桃炎で処方される王道の薬。
トラネキサム酸に関しては市販の扁桃炎の薬でも配合されている。

アセトアミノフェン 200mg

カロナールという商品名でも有名なアセトアミノフェン

ロキソニンのような非ステロイド性消炎鎮痛剤とは違い、こちらは解熱鎮痛剤と言われる。

オーグメンチン配合錠250RS 375mg

細菌の増殖を抑制する抗生物質。
以前扁桃炎になった時は別の病院で「ジェニナック」を処方されたことがあるが今回はこれ。

湿気厳禁なので袋に入っている。

 

プレドニゾロン 5mg

ミヤBM錠は整腸剤なので割愛。

「プレドニゾロン」はステロイド剤。喉の炎症と腫れが酷いため処方されたと思われる。
とにかくまず炎症を抑えて身体を楽にできる。

扁桃炎での処方薬まとめ

  • トラネキサム酸カプセル 250mg
  • アセトアミノフェン 200mg
  • オーグメンチン配合錠250RS 375mg
  • プレドニゾロン 5mg
  • ミヤBM錠

治るまで

とりあえず処方から1日半で高熱も下がり、体調も元に戻った。
もちろん喉の腫れと違和感は1週間ぐらい残ります。

コメント